エナジーメイトから皆様へ最新ニュースや製品トピックス、お役立ち情報などのお知らせです!


ホーム

会社案内

事業案内
▼ ESCO事業
▼ BOO事業
▼ ソリューション販売事業
▼ 太陽光発電事業
▼ 省エネ導入実績

取扱製品
▼ 分散型発電設備
▼ 各種省エネ機器
▼ モリブデン避雷器
▼ 除菌消臭水・ステリパワー
▼ 節水シャワー・アクアエラ
▼ グリーンバンド

インフォメーション
▼ 当社マスコット紹介
▼ 最新情報

リンク

お問い合わせ

個人情報保護方針

ご利用規約

サイトマップ

スペース

≪ 次の情報 ‖ 最新の情報 ‖ 前の情報 ≫   ‖ 情報の一覧 ‖

2016年3月28日(月)太陽光パネルの新設・増設事例

太陽光パネルの新設・増設事例

2015年から2016年にかけて、太陽光発電事業におけるパネルの新設・増設しました事例をご紹介します。

木材開発 市川工場 様 木材開発 川崎工場 様 木材開発 東海工場 様 木材開発 藤枝工場 様

太陽光パネル増設のメリット

<木材開発 4工場 様 増設>

2012年度に納入した木材開発株式会社様の下記4工場に、太陽光パネルの増設を行いました。
川崎工場 市川工場 藤枝工場 東海工場

* 当初の計画容量

当初の計画では、太陽光パネルの容量とパワーコンディショナの容量が、ほぼ拮抗していました。

* 経済産業省の設備認定

発電の容量は、パワーコンディショナの容量で決まっています。つまり、パネル容量を増やしても、発電容量は変わりません。設備認定届は、「軽微変更」で済ませ、固定価格買取制度による買取価格も、以前と変わっていません。

* 太陽光パネルの増設理由

パネル最大容量がパワーコンディショナ容量より多くなったため、日射量が多い日は発電量が制限されます。しかし、年間を通じて晴天の日より曇天日のほうが多いため、結果として、朝夕の時間も含めた総合発電量が格段に増えて、増設効果が大いに期待されます。

木材開発 平林工場2期 様 <木材開発 平林工場2期 様 増設>

2012年度に納入した際は、工場屋根面積が少なく、建設費用を削減して、50kw以下の低圧で送電する計画を行いましたが、昨年増築されたことから、太陽光パネルの発電容量を49.6kwから、116.56kwへ増設を行いました。増設に伴い、系統との連系場所を高圧(6600V)に変更、固定価格買取制度による買取価格は維持して、設備認定は「変更届」として提出しました。

木材開発 福岡工場 様 <木材開発 福岡工場 様 新設>

工場新設に伴い、工場の屋根に太陽光発電を設置しました。今回は経済産業省の「独立型再生可能エネルギー発電システム等対策補助金」を申請しました。固定価格買取制度適用でないため、発電された電気は、すべて福岡工場所内で使用することになります。ただし、休日や昼休みなどに、余剰電力が発生する可能性があるため、所内で使用しきれず系統へ逆送電してしまった電気は、九州電力様にて買っていただくことになっています。



このページの先頭へ
エナジーメイト株式会社 エナジーメイト株式会社 〒541-0056 大阪市中央区久太郎町3-6-8 御堂筋ダイワビル12F
TEL 06-6241-6200 FAX 06-6241-6210 MAIL info@energy-mate.co.jp

福岡事務所 〒814-0104 福岡市城南区別府3-14-26 マリオン別府101
TEL 092-834-7291 FAX 092-834-7292

下関事業所 〒750-0092 山口県下関市彦島迫町7-1-1 下関三井化学株式会社構内
TEL 083-261-5544 FAX 083-261-5548

Energy Mate  Copyright (C) Energy Mate Co., Ltd. All Rights Reserved.